平手友梨奈の『性格悪い説』はデマ確定!真の姿は芸術肌で孤高の存在だった!?

欅坂46のセンターとして活躍し、従来のアイドル像を覆す衝撃を与えた平手友梨奈。

 

平手友梨奈につきまとう『性格悪い説』について調査してみると、どうやら完全なる『デマ』である事が判明しました!!

 

本当の姿は、芸術肌で孤高とも言える存在と言う事が明らかになりました!!そう言われる理由について詳しく解説して行きたいと思います!!

 

更に、性格が悪いと言われてしまう理由についても徹底的に暴いて行きたいと思います!!

 

では、張り切って見ていきましょう!!

 

平手友梨奈のプロフィール

 

 

生年月日:2001年6月25日

出身地:愛知県

血液型:O型

身長:163cm

 

平手友梨奈の真の姿は『芸術肌の孤高の存在』と判明!?

 

 

平手友梨奈の真の姿について調査してみると、世間で言われている『性格悪い説』はデマであり、芸術肌の孤高の存在であり、『天才』ともいうべき人物である事が明らかになりました!!

 

平手友梨奈を語る上で、1番は『パフォーマンスの圧倒的なレベル』ではないでしょうか?このパフォーマンスを支えているのは、幼少期の過ごした方にルーツがあったようです!!

 

5〜14歳までバレエを習っており、更に小学校に上がる頃にはバスケットボールも習い始め、基礎体力、そして表現を磨き続けたようです!!この経験があるからこそ、平手友梨奈は圧倒的な表現力を駆使したパフォーマンスを生み出せるのかもしれません!!

 

更に、相当なプロ意識があり、その意識ゆえに時に激情を周囲にぶつける事もあったようです!!

 

それが明らかになったのは、ラジオ番組『今日は一日“秋元康ソング”三昧2018』の放送でした。その放送の中で、平手友梨奈が秋元康に対して『激怒』した過去を語りました!!

 

秋元康は、平手友梨奈の感性を心から信用しているそうで、欅坂46に在籍中は手元に集まった楽曲の感想を逐一聞いていたそうです。

 

そんなある時、『この曲は欅坂46でやりたい!!』と平手友梨奈が気に入った曲を、秋元康は他のグループに提供してしまった事があり、『とんでもなく怒られた』と衝撃の事実を暴露しました!!

 

かなり年上のプロデューサーに対して、自分の意思をはっきり言える事は、よほどのプロ意識とグループに対する熱い思いがあってこそだと考えられます!!

 

平手友梨奈が芸術肌で孤高の人と呼べる存在だというのは『パフォーマンスに対する思い』からも垣間見えます!!メンバーからも様々な声が寄せられているようで、その表現には鬼気迫るものがあると言います!!

 

『今のてちって、何テイク撮っても、毎回パフォーマンスが違うんですよね。普通、何度撮り直してもその場で変えられることなんてそんなにないと思うんですけど、1テイク目、2テイク目、3テイク目・・・って、ぜんぜん表現が違うんです。4thで久しぶりにてちの後ろに立ったとき、まずそのことにビックリしました』(※てち=平手友梨奈)

 

踊る度に表現が変化するのは、驚愕ですよね!!とにかく最高の表現をする事に心血を注いでいるのでしょうね・・・なんというプロ意識でしょうか…若いのに圧巻でしかありません!!

 

ここまで見てきたエピソードで、平手友梨奈が芸術肌で孤高の存在である事は明らかであると思います!!では、なぜ性格が悪いと言われ続けるのでしょうか?その真相と、平手友梨奈のギャップのある姿についても深掘りして行きましょう!!

 

平手友梨奈のギャップにキュン!?意外過ぎる一面発覚でファン激増!?

 

平手友梨奈は、とんでもないギャップを多く持っているようで、それを知ると平手友梨奈にキュンとしてしまうと言われています!!意外過ぎる一面を詳しく見て行きたいと思います!!

 

平手友梨奈のキュンポイント① 兄に甘え過ぎてギャップ萌え!

 

 

平手友梨奈のギャップにキュンとしてしまう1つ目の理由は、『兄が好き過ぎる』という点が挙げられるようです。

 

平手友梨奈のイメージはクールで、人間関係に関しても淡白なのかと思いきや、兄に対しては『デレデレ』だというのです!!

 

兄は、関西の大学に通っていたようで2人の仲は相当良かったそうです。平手友梨奈のデビューのきっかけは、兄だったと言われています。

 

兄は、乃木坂46のファンで兄からの勧めで『欅坂46』のオーディションを受ける程、兄の言葉に影響力があったようです!!

 

見た目はクールですが、兄の前では『可愛い甘えん坊な妹』でいられると語っており、普段見られない姿を沢山見せているようです!!ギャップがあり過ぎて、可愛いですね!!

 

平手友梨奈のキュンポイント② 愛犬を溺愛している!

 

 

平手友梨奈のキュンポイント2つ目は、『愛犬を溺愛している点』です!!普段はクールな印象を持ちますが、とても優しい心の持ち主だと言われています!!

 

デビュー当時、平手友梨奈が受けたインタビューで『宝物は愛犬のチェリー』と発言し、その溺愛ぶりを力説していたようです(笑)イメージとかけ離れていて、キュンとしてしまいますね!!

 

とあるグラビアの撮影で、犬を散歩しているショットがあり、その時の表情も笑顔でギャップにファンが歓喜したと言われています!!

 

本当は、心の優しい普通の女の子な事が垣間見えますね!!

 

平手友梨奈のキュンポイント③ 初センター決定時の表情に釘付け!

 

 

平手友梨奈が初センターを獲得した様子が、欅坂46の冠番組で放送された際の表情がなんともキュンとしてしまうと言われています。

 

平手友梨奈はセンターポジションを伝えられると、噛み締めるように頷き、『頑張ります』と覚悟を決める様な表情をしたようです!その表情が、なんとも可愛くも成長しようとする姿にファンが釘付けになったようです!!

 

初々しくも、次のステージに上がろうとしているアイドルを親心の様な気持ちで見ると、グッと来たと考えられます!!

 

平手友梨奈の『性格悪い説』がデマ過ぎて爆笑必至!?

 

平手友梨奈に対して、絶えず『性格悪い説』が囁かれています。実際の所は、上記で記載した通り『芸術肌の孤高の存在』であると判明し、デマの可能性が濃厚と考えられます!!

 

では、何故『性格悪い説』が絶えないのでしょうか?それは『キャラ作り』が影響していると考えられます!!その詳細を見て行き、更に性格が悪いと言われている理由についても徹底的に見て行きたいと思います!!

 

平手友梨奈の性格は『キャラ作り』濃厚!?

 

 

平手友梨奈の性格は、どうやら作られたものである事が判明しました!!

 

平手友梨奈のイメージは『笑わない、クール』というものではないでしょうか?ですが、これ自体が『欅坂46の平手友梨奈』というパッケージとしての売り方だったと言います!!

 

というのも、イメージ戦略として『笑顔を見せない、媚びない路線』で行き、新しいアイドル像を演出したと言います!!

 

そのイメージが浸透し、いつしか平手友梨奈の性格は『媚びない=性格が悪い』と言われる様になりました。ですが、本来の平手友梨奈は上記でも記載した様に人間味に溢れた、心優しい普通の女の子です。

 

平手友梨奈の本当の性格が『人見知りで打ち解けるまで時間がかかる』という一面もあり、イメージ戦略と性格が一人歩きした事で、『クールで笑わない=性格が悪い』と誤解される様になったと言います。

 

アイドルは、自分自身と別人格を演じなければいけないのは本当にしんどいですよね・・・メンタルがやられないか心配になってしまいます・・・。

 

では、平手友梨奈の性格が悪いと言われるようになった理由について詳しく見て行き、デマである事を暴いて行きたいと思います!!

 

平手友梨奈の性格悪い説① パフォーマンスが凄過ぎて闇深く見られる為

 

 

平手友梨奈の性格を語る上で、1番闇を感じるのが『パフォーマンス時の鬼気迫る表現力』だと言われています。

 

度々、平手友梨奈のパフォーマンスをファンは『憑依型』と評しているほど圧巻だと言われています!!それを表してるのが2017年の紅白歌合戦です。

 

この日のパフォーマンスは内村光良とコラボして行われました。あまりにも感情を込め圧巻のパフォーマンスだった為にパフォーマンス終了後、ステージ上で失神し周囲を騒然とさせ、ネット上を炎上させました!!

 

そのパフォーマンスを見た視聴者が『闇が深過ぎて性格が悪い』のではないかという様になった事で、性格悪い説が流れたと言います。

 

パフォーマンスが凄過ぎる事と性格は、完全に別物であり・・・これを性格悪いに繋げることは出来ないのではないでしょうか?たしかに表現者として常軌を逸している程だと思いますが…性格が悪いかは、この出来事からは判断出来ません!!

 

平手友梨奈の性格悪い説② 秋元康の『不安発言』

 

 

平手友梨奈に対して、プロデューサーである秋元康は『不安である事を好む』と発言し平手友梨奈自身も『不安でない事が不安』と語っています。

 

常に現状に満足せず、常に前を見て最大限を出し切りたいという気持ちが現れていると感じます!!ですが、この不安という言葉が『情緒不安定』と言われ、性格が悪いのではないかと言われる原因になったと言います。

 

これは、完全に受け手の問題であり、自分自身にストイックで全力で表現者として仕事に向き合っている覚悟の現れだと筆者は感じます。ですので、この点で性格が悪いとは判断出来ないと感じます!!

 

平手友梨奈の性格悪い説③ 握手会での『筆談事件』

 

平手友梨奈は、2017年に地元・愛知県で行われた握手会で体調不良により声が出なくなり、関係者やスタッフと筆談していたと言われています!!

 

その姿を見たファンからは、情緒が安定しない為、精神的な病に陥ってしまったのではないかと言われるようになり、『心に闇を抱えている=性格が悪い』となったようです・・・。

 

これに関しても、デマでしかありません・・・。多忙な日々を送っていれば、体調も崩すでしょうし・・・相当なプレッシャーとストレスで押し潰されないように生きていれば、尚更体調を崩す事もあるのではないでしょうか?

 

この後は、普通に平手友梨奈は話せていますし、一時的な体調不良だったと考える事が出来ます!!性格が闇っているわけでもなく、性格が悪いわけでもないと考えられます!!

 

平手友梨奈の性格を『人相学』から徹底解剖してみた!

 

 

平手友梨奈の性格について詳しく見て来ましたが、人相学的観点から見た『本性』についても独自視点で徹底解剖して行きたいと思います!!

 

そこから見えて来たのは、更にギャップがある平手友梨奈の姿でした!!

 

  • ショートヘア➡決断力、行動力に長けている。短気な一面もあり、口論だけで終わらず暴力的になる傾向もある。情緒を安定させる為には、髪を伸ばすのも良い!
  • 丸みをおびた顔立ち➡人付き合いが良好で、円滑に人間関係を進められる。本来、争いを避ける傾向にあり自分自身の思いを最後まで伝える事が出来ず悔しい思いをする事もある。
  • 前髪でおでこを隠す➡自分自身の本音を隠す傾向があり、ミステリアスな雰囲気を醸す。
  • 吊り目➡自分自身の力で人生を切り開いて行く事が出来る。
  • 涙袋がふっくらしている➡セクシーさがあり、異性を虜にする魅力を持ち合わせている。
  • 下唇が厚い➡人気が集まりやすい。極端に下唇が厚いと、他人に迷惑をかける可能性がある。
  • 鼻が小さい➡控えめな性格で自信が持てない事が多いが、きめ細やかな対応が出来る。
  • 頬にあるホクロ➡欲望や野望があり、競争が激しい場所で輝きを放ち、願いや目標が叶いやすい。夢などを言葉にすると、より叶いやすくなる気質。
  • 口元のホクロ➡会話が好き。

 

人相学的な観点から見ると、平手友梨奈のイメージとはかけ離れたものばかりだと感じる方も多いのではないでしょうか?もしかすると、本来の平手友梨奈は『おしゃべり好き』なのかもしれません。

 

センターを取った理由は、もしかすると『野望を実現しやすい』『自分自身で道を切り開く』という人相学の診断が的中していると思われます!!

 

アイドルを卒業し、今後は女優としての地位を持ち前の力で切り開いて行くのではないでしょうか?今後に、より期待が持てますね!!

 

今後も陰ながら応援していきたいと思います!!

 

平手友梨奈の性格に対する世間の声!

 

ここまで平手友梨奈の『真の姿』と『性格悪い説』について詳しく見てきましたが、世間はどのような反応をしているのでしょうか?

 

様々な声があるようですので、詳しく見て行きましょう!!

 

 

https://twitter.com/6350tgctpgsVmaj/status/1118079513575837696

 

 

 

まとめ

・平手友梨奈は幼少期からバレエを習い、バスケットボールで基礎体力をつけ、自身の表現力を磨いた過去を持つ。そして、並々ならぬプロ意識があり、パフォーマンスを芸術レベルまで昇華させていた!!そこから考えて『芸術肌の孤高の存在』であると考察出来る!!

・平手友梨奈の見た目のクールさとは裏腹に様々なギャップを持ち、そのギャップを知る事で魅力が倍増すると考えられる!!

・平手友梨奈の『性格悪い説』はデマであり、笑わないクールな存在というのはイメージ戦略であった事が判明!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です