ヒロミの若い頃はアイドル並みの人気芸人で破天荒イケメンだった!?急死に一生と干された理由がヤバい!?

コメンテーター、MC、リフォームやDIYなど様々な分野で、その才能を如何なく発揮しているヒロミ。

 

ヒロミの若い頃について調査してみると・・・『B21スペシャル』というお笑いトリオであり、アイドル並みの人気を博していた事が明らかになりました。更に、その言動が破天荒で・・・それが原因で干されたともいわれています。

 

今回は、そんなヒロミの『若い頃』『急死に一生』『干された理由』について深掘りしていきたいと思います。

 

では、張り切って見ていきましょう!!

 

スポンサードリンク

ヒロミのプロフィール

 

本名:小園 浩己(こぞの ひろみ)

生年月日:1965年2月13日

出身地:東京都八王子市

血液型:A型

身長:175cm

 

ヒロミの若い頃は『B21スペシャル』というお笑い芸人だった!

ヒロミの若い頃について調査してみると・・・元々は、『B21スペシャル』というお笑いトリオだった事が明らかになりました!!

 

当時、『B21スペシャル』は・・・現在のお笑い第七世代並みの人気があり、アイドル並みの人気を博していたといいます。更に、その言動が破天荒で尚且つイケメンであったようです!!

 

その点について詳しく見ていきましょう!!

 

ヒロミの破天荒イケメン時代をプレイバック!

 

 

 

いかがでしょうか?現在の雰囲気はありつつも、イケメンである事は明らかです!!相方である、ミスターちんやデビット伊東もなかなかのイケメンですね!!

 

ヒロミは、当時から物怖じしない性格で棘のある発言とキレのあるツッコミを武器に、共演者や製作者サイドへの反抗的な態度をとり、まさに破天荒を絵に描いたような全盛期時代を送りました。当時について、ヒロミは以下のように語っています。

 

『扱いにくいタレントって自覚はあったね(笑)。わざと嫌な雰囲気のまま、現場に行ってやろうかみたいな』と心当たりはあると告白。

また、当時の芸能界では大物然とした破天荒なキャラクターでいることがステイタスだった時期もあったそうで、『俺らの世代は皆そうだけど、たとえば遅刻したら、何が悪いみたいな顔して現場に入っていったもの。だって相手が切れる前に、もうキレちゃってるんだから(笑)。若い時は皆そうだった』と自身の若気の至りについて反省気味に回想した。

 

現在の芸能界で、こんな態度をとったらならば・・・おそらく、即干されるでしょうね・・・(汗)

 

ヒロミが、これ程までに棘のある、尖ったキャラになったのは・・・芸能界デビュー前が関係しているようです。より若い頃のヒロミについても深掘りしていきましょう!!

 

ヒロミは学生時代、『八王子の暴走族』だった!?

ヒロミの学生時代について調査してみると・・・元暴走族であった事が判明しました。

 

ヒロミが所属していた暴走族は、『八王子スペクター』で、当時について番組などで度々ネタにしています。

 

 

当時乗っていたバイクを見れば、筋金入りのヤンキーであった事は明らかです・・・(笑)破天荒なキャラは、当時に形成されたのかもしれませんね!!

 

ヒロミは『トップセールスマン』だった時代もある!?

ヒロミは、学生時代に暴走族に所属していましたが・・・卒業後は、芸能界ではなく社会人を経験していたようです。

 

調査してみると・・・約1年間、『日産自動車』の『営業マン』として勤務していたといいます。

 

当時、話術に長けており営業成績が優秀で、常にトップクラスの成績だったそうです。1年目からトップクラスでしたら、そのまま勤めていたならば現在は・・・その業界でもトップクラスでしょうね!!

 

類稀な話術だったんでしょうね!!その話術があったからこそ、お笑い芸人としても成功して現在があるんですね。

 

ヒロミは若い頃に2度死にかけている!?

 

ヒロミの若い頃について詳しく見てきましたが、ネット上ではヒロミが若い頃に2度死にかけていたと話題になっています。

 

次は、その点について詳しく見ていきましょう!!

 

大事故で内臓破裂、三途の川を渡った!?

ヒロミが死にかけた1度目は、日産自動車の営業マン時代だったようです。

 

車を運転中に事故を起こし、内臓破裂の重体になったようで・・・医者からは『助からない』と言われましたが…奇跡的に回復したそうです!!

 

もしかすると・・・神様が『まだ死なせるわけにはいかない!!』と奇跡を起こさせたのもしれませんね・・・。ヒロミは、そういう意味では運が強いのかもしれませんね!!

 

大火傷で昇天しかけた!?

ヒロミが死にかけた2度目は、芸人として活躍していた26歳の頃だったようです。

 

深夜番組の企画で、『ヒロミがロケット花火をたくさん背負って宇宙へ行く企画!』という過激な企画に挑戦しましたが・・・失敗し、ヒロミは全身炎に包まれ・・・大火傷を負ったようです。

 

関係者の話によれば、生死をさまよう程の大火傷だったようで・・・火傷レベルは重度Ⅲ度で、皮膚移植を行ったといわれています。

 

この火傷に関しても、奇跡的に一命を取り留め・・・仕事復帰に至りました。本当に強運の持ち主であると思えてしかたありません。

 

ヒロミが芸能界から干された理由は『芸風』と『友人の死』がきっかけ!?

 

ヒロミの2度の急死に一生を詳しく見てきましたが・・・ヒロミは、芸能界から干されていた時期があり・・・その理由が諸説あるといわれています。

 

その真相について深掘りしていきましょう!!

 

干された理由① 時代にマッチしない芸風

 

ヒロミが芸能界から干された理由の一つ目は、ブレイク当時の『ヒロミの芸風』と『素行』が関係しているようです。

 

芸能界の先輩や大御所俳優などに対して、ヒロミはタメ口で話す、過激なツッコミを入れるなどエッジの効いたスタイルで人気を博していました。

 

この態度を面白がる関係者もいれば、その態度を嫌がる、拒絶する関係者もいたようです。それが原因で、共演者やスタッフと揉める事も多く、ヒートアップした際はスタッフと口論したり、場合によっては掴み合いの喧嘩になる事もあったといいます。

 

この悪評が広がり・・・業界から腫れ物扱いされる事が増えた事と・・・時代が移り変わり、視聴者からもヒロミの芸風が支持されなくなっていき、2000年代に入る頃には仕事が激減しました。それにより、干されたといわれるようになりました。

 

2000年代は、コンプライアンスなどが世間に騒がれるようになり、ハラスメント的な事に対して厳しくなってきた時期ですから・・・ヒロミは、時代とそぐわなくなってしまったのかもしれませんね・・・(汗)

 

干された理由② 友人の死で放心!?

 

ヒロミが干された理由二つ目は、『親友の死』が関係しているようです。

 

ヒロミは、放送作家の『吉野晃章』と親友だったようです。元々、吉野晃章は木梨憲武の同級生で、デビュー間もないヒロミの相談相手となり、親交を深めていたといいます。

 

悪評が広がり・・・ヒロミの仕事が激減した当時も、吉野晃章は『それでいいんだよ。』とヒロミを勇気づけ、支えていました。

 

ヒロミを支え続けた吉野晃章でしたが・・・白血病を患い、2004年にこの世を去ってしまいました・・・。

 

親友の死を経験し・・・ヒロミは無気力なり、仕事に対しても放心状態になってしまったといいます。そんな状況と、自分自身の仕事の激減で・・・芸能界での居場所が無くなり・・・姿を消す事になりました。

 

ヒロミにとって、吉野晃章は芸能界にいる為の大切な人物だったのかもしれません。一緒に仕事をする相手がいなくなれば・・・自ずと身を引こうと考えるのも仕方ないかもしれませんね・・・。

 

芸能界から干されたと言われていますが・・・巡り合わせで、一度芸能界から距離を置く必要があったのかもしれませんね。

 

ヒロミは芸能界から去った後、加圧トレーニングのサロンを立ち上げ、年商3億円の実業家に転身しました。本当に多彩であり、どんな状況でも返り咲けるハングリー精神の持ち主なんですね!!

 

ヒロミが内気だった『こんにゃく』時代を告白!?

ヒロミの若い頃は、『破天荒』だったという事が明らかになりましたが・・・どうやら、幼少期は全く違ったようです。

 

ヒロミがバラエティー番組『中居正広のキンスマ』に出演した際、幼少期のあだ名が『こんにゃく』だった事を明らかにしました。このあだ名の由来は、『いつもナヨナヨしていた』からだといいます。

 

ヒロミの父親は工務店を営む九州男児で厳しく育てられ、そんな父親が怖かった為、幼少期は引っ込み思案だったようです。

 

現在からは、想像出来ない姿ですね・・・(汗)性格が変わったのには、何か大きなきっかけがあったのかもしれませんね。それについては、語っていませんでしたので・・・今後、追加情報があれば随時追記していきたいと思います。

 

まとめ

・ヒロミの若い頃は『B21スペシャル』というお笑いトリオを組んでおり、毒舌とキレのあるツッコミを売りにする破天荒イケメンであった事が判明!!

・ヒロミは若い頃に2度死にかけていた事が判明!!1度目は車で事故に遭い内臓破裂の重体、2度目は番組の企画で大火傷を負い、急死に一生を得ている事が明らかになった。

・ヒロミが芸能界から干された理由は、『芸風』が時代とミスマッチを起こし業界からの不信を得た事、放送作家であった親友の『吉野晃章の死』により・・・やる気を失った事が理由と判明!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です