門脇麦の高校時代は陰キャで不登校寸前だった!『暗黒の3年間』の真相と出身高校について徹底暴露!

独特の雰囲気を身にまとい、唯一無二の存在感を放つ新鋭女優・門脇麦。

 

門脇麦が門脇麦として、唯一無二の存在になるに至るまでは『暗黒の3年間』と言われる高校時代があったからこそだと言われています。

 

調査してみると、門脇麦の高校時代は『陰キャで不登校寸前』だったと言う衝撃的な事実が明らかになりました!!

 

今回は、そんな門脇麦の高校時代について深く切り込み、『演技派女優に至るまでの闇』について徹底暴露していきたいと思います!!

 

では、今回も張り切って見て行きましょう!!

 

門脇麦のプロフィール

 

 

生年月日:1992年8月10日

出身地:東京都(生まれはニューヨーク)

身長:160cm

特技: バレエ

 

門脇麦の高校時代は陰キャで不登校寸前だったと判明!

 

 

門脇麦の高校時代について調査してみると、かなり衝撃的な事実が明らかになりました!!

 

それは、門脇麦が『陰キャで不登校寸前だった』というのです!!それだけ聞くと、壮絶なイジメでもあったのかと思ってしまいますが・・・・・・・・・実際の所はどうだったのでしょうか?

 

その詳細を詳しく見て行きましょう!!

 

門脇麦の出身高校は『東京都立狛江高等学校』と判明!偏差値に驚き!?

 

 

まずは、門脇麦の出身高校について見て行きましょう!!

 

調査してみると、門脇麦は東京都出身で出身高校は『東京都立狛江(こまえ)高等学校』と判明しました!!

偏差値は『60』となかなか高めで、2008年に入学し、2011年に卒業した事と言います。

 

     

 

 

門脇麦の卒業アルバムを確認してみると『狛江高校』の制服と一致した事、更に狛江高校の出身者が門脇麦の事を『狛江高校が生んだエンジェル』だと表現している事からも『狛江高校』出身という事は明らかです!!

 

門脇麦の高校時代は暗黒期で陰キャ爆発・登校拒否寸前だった!バレエへの思いが異常!?

 

 

優秀な高校に通っていた門脇麦ですが、高校生活も順風満帆だったと思いきや・・・・・調査してみると想像とかけ離れた高校生活を送っていたようです!!

 

どうやら、門脇麦いわく『暗黒の3年間』だったようで調査から見えてきたのは『陰キャ爆発で不登校寸前だった』と言うのです!!

 

そもそも、この『暗黒の3年間』を過ごすきっかけになった原因は、『夢の挫折』があったようです!!

 

と言うのも、門脇麦は幼少時代から『バレエ』を習っており小学校の頃は放課後に友達と遊んだ記憶が無いほどにバレエに没頭し『バレリーナ』を目指していたと言います。

 

しかし、転機が訪れたのは中学2年生の頃だったようです。

当時、バレエ教室の練習生がメキメキと実力を伸ばしバレリーナとして頭角を現したと言います。その光景を目の当たりにした門脇麦は、打ちひしがれ現実に絶望したそうです・・・・・・。

 

もともと、バレエは生まれ持った身体の柔らかさや股関節の可動域など『先天的』な部分で差がつくようで・・・・・自身の限界を感じた門脇麦は『バレリーナの夢を諦めた』と言います。

 

バレエの道を諦めた時は号泣し・・・・・・・バレエへの未練を断ち切るために辞めた当日に『髪を切り、トーシューズ』を捨てたと言います・・・・・・・・・。

 

この挫折をきっかけに『空虚な日々を過ごす事』が多くなり、高校受験も何となく取り組み、高校進学に至ったようです・・・・・・・・。そして、ここから門脇麦の『暗黒の3年間』が始まったと言います。

 

完全に夢と生きがい、やる気を無くした門脇麦は怠惰な日々を過ごしたと言います。

 

そんな状態だった為、友達とも上手く馴染めずにいたようですが1人でいる事で悪目立ちをする事を恐れ、『偽りの友人関係』を装っていたようです。

 

1人で休み時間にいるというのは逆に目立つため、ほかの生徒とグループではいたものの内心は『友達と思ってなかった』と、これまた強烈な爆弾発言をぶちかましました。その他にも『人のことを斜めからしか見ていなかった』『自分にも友達にも何の希望も持ってなかった』と、“偽りの高校生活”を打ち明けています。

 

上記の様に語り、かなりの『陰キャ』であった事が伺えます。

 

更に、放課後は1人で過ごす事が多かったようで引きこもりでは無かったようですが、独特な過ごし方をしていたそうです。

 

ランニングをしたりレンタルDVD店に行き、『“あ行”から順番に4~5作品ぐらい見ていく』と言うなかなかハードな取り組みをしていたと言います・・・・・・・(笑)案の定、効率が悪い事に途中から気付き断念したそうです・・・・・・・・(汗)

 

しかし、そんな日々を過ごしている中で『映画』に触れる機会が多くなり、宮崎あおいや蒼井優などの演技を見て行く中で『役者も表現者なんだ!私も映画に出てみたい!』という自分の気持ちに気付き、バレエをしていた頃の表現したい欲求が、再熱したそうです。

 

そして、大学進学をせず芸能事務所入りを決意し『女優の道』に進んだと言います。

 

高校時代を振り返り、門脇麦は『暗黒の3年間でしたね。でも、その3年間がなければ今の自分はいないので、暗黒だったけれど、今思うと必要な時間だったし、その状況を不思議だなとも思います。』

 

女優という道を目指すために用意された『大切な時間』だったことが伺えます。欝々とした日々だったと思いますが、自分のアイデンティティーを確立するためには必要な事もあると気づかされるエピソードですね!!

 

門脇麦の『暗黒時代』暴露でネットが炎上!?

 

ここまで、門脇麦の『暗黒の3年間』について見てきましたが・・・・・・・・ネット上では『暗黒時代』暴露した事で炎上したようです!!上記でも記載した偽りの友人関係発言が物議を醸したそうです!!

 

  • 『友達と思ってなかった』
  • 『人のことを斜めからしか見ていなかった』
  • 『自分にも友達にも何の希望も持ってなかった』

 

確かに辛辣で聞く側にとってはインパクトが大きく衝撃を受ける方も多いかと思います。この発言に関してネット上では『性格が悪すぎる』『本気で友達と思って接してた人たちに人間として失礼』との批判が殺到したようです・・・・・・・・。

とある女性誌記者は以下の様に語っています。

 

『きっと、一緒にいたグループの中には今でも女優として頑張る門脇のことを本気で応援してくれている友達もいるかもしれません。この番組を観ていて、『お前は友達じゃなかった』と宣告されたらどんな気持ちになってしまうか。少し考えればテレビで言うべきことかどうかわかるかと思うのですが‥‥』(女性誌記者)

 

言うべき発言なのかを考えずに、企画の面白さを追求したあまり『笑えない』『何様? モードが強すぎてシャレにならない』と言った声が出てしまうのも考え物ですね・・・・・・・。

 

ですが、筆者の見解としては『別にどうでも良いじゃんか!』と思ってしまいます・・・・・・・・・。

門脇麦の発言から考えると、現在は高校時代の友人と交友が続いていないのでは無いかと思います。だからこそ、偽りの友人関係だったと敢えて発言したのではないでしょうか?

 

関係が続いていたならば、『友人関係が崩れるような発言はしない』と思います。ネットでの炎上はネット民の無駄な共感性であると感じます。別に、門脇麦の発言で性格が悪いと筆者は全く思いません!!

 

むしろ、そんな所に噛みつくネット民の浅ましさに引きます・・・・・・・・(笑)

 

門脇麦は帰国子女で英語が堪能と判明!

 

 

門脇麦の高校時代について詳しく見てきましたが、陰キャとはかけ離れた印象を抱く特技を発見しました!!それは、どうやら門脇麦は『英語が堪能』だと言います!!その証拠動画が上の映画の告知です!!

 

確かに発音もしっかりしていて、尚且つセリフを役になりきり英語で表現している事に驚きます!!

 

ここまで英語が堪能な理由は、どうやら幼少期をニューヨークで過ごしたからだと言います。調査してみると生まれはニューヨークで4~5歳までをニューヨークで過ごしたと言います。

 

父親の仕事の関係で渡米していたようで、父親もかなりのエリートなのでは無いかと言われています!!

 

まとめ

・門脇麦の出身高校は『東京都立狛江高等学校』と判明!!

・門脇麦は自身の高校時代を『暗黒の3年間』だと語り、中学生時代に『バレリーナの夢』に破れた事が発端で空虚な高校生時代を送った事が判明!!

・門脇麦の高校時代は『陰キャ全開』で『偽りの友人関係』を続けたが、その後当時を振り返り爆弾発言をした事で世間からバッシングを受ける事となった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です