モーリーロバートソンの若い頃はロン毛イケメンの奇才・天才・破天荒男子だった!?ハイスペック両親と驚きの家庭環境も徹底暴露!

朝の情報番組での的確なコメントとお茶目な人柄で人気を博しているモーリーロバートソン。

 

モーリーロバートソンの若い頃がイケメンで天才だった事をご存知でしょうか?その天才ぶりが常軌を逸していて、尚且つ多彩な才能を開花させていたと言います!!そんな天才に育った理由が両親の教育にあったのではないかとも言われています!!

 

今回は、そんなモーリーロバートソンの若い頃について徹底的に暴露していきたいと思います!!

 

では、今回も張り切って見て行きましょう!!

 

モーリーロバートソンのプロフィール

 

 

                                                                                         画像引用元:TBS CASTING

 

生年月日:1963年1月12日

出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク

身長:180㎝

職業:タレント・歌手・アーティスト・DJ・司会者・MC・ジャーナリスト

 

モーリーロバートソンの若い頃はロン毛のイケメンだった事が判明!あだ名が『ハッピースマイラー』!?

 

 

モーリーロバートソンの現在はビジュアル含め愛される風貌で、その風貌からは想像が出来ないような辛辣なコメントが癖になり、ファンになってる方も多いと思います!!

 

驚きなのはモーリーロバートソンが若い頃『ロン毛のイケメン』だったというのです!!現在からは、想像できませんよね!!その気になる写真を見ていきましょう!!

 

 

どうでしょうか?たしかにイケメンである事には間違いありません!!どことなく知的な雰囲気を醸し出しているようにも見えます!!見た目からは、どことなくジョーカーの様な、少しミステリアスな雰囲気さえ感じられます!!

 

                                                                                        画像引用元:Virtual Gorilla

 

若い頃は常にニコニコしている事から『ハッピースマイラー』というあだ名がつくほど幸せそうに笑っていたそうです(笑)

 

そんなモーリーロバートソンですが、若い頃から天才で、多くの才能を有していたと言われています!!その伝説が常軌を逸しているようです!!

 

次は、その点について見ていきましょう!!

 

モーリーロバートソンの天才ぶりが常軌を逸していて驚愕!?

 

                                                                                            画像引用元:Newsweek

 

モーリーロバートソンの若い頃を調査していくと際立っているのは、その学力ではないでしょうか?そのレベルは天才なのではないかと言われるほどです!!

 

その驚きの学力と天才へのブレイクスルーしたきっかけについて詳しく見て行きましょう!!

 

天才へのブレイクスルーのキッカケが意外!?学歴が華々し過ぎて脱帽レベル!

 

幼少期〜高校時代

 

モーリーロバートソンはアメリカで生まれ育ったのですが1968年5歳の頃に、父親の仕事の関係で広島に移住しました。

 

幼少期を日本で過ごしたモーリーロバートソンですが小学生の頃から成績が優秀だったそうで中学受験ではトップクラスの成績で広島の修道中学校に入学しました。

 

その後、中学2年生の頃に父親の転勤で再びアメリカに戻り、優秀である事から1学年飛び級で進級したそうです!!

 

アメリカに戻ったモーリーロバートソンですが余程広島が気に入ったのか再び日本に戻り、広島の修道高等学校の留学生になりました。

 

その後は母親の実家のある富山県に母親と弟と移住し、地元の工業高校に転入しました。ここまで見ても、なかなかの秀才ぶりですがモーリーロバートソンが規格外だと言われるようになったのは、その後だと言います!!

 

規格外の大学時代

 

幼少期からの秀才ぶりに磨きがかかったモーリーロバートソンは、大学受験の際に驚く程の名門大学に幾つも合格していたようです!!

 

それが『ハーバード大学』『スタンフォード大学』『マサチューセッツ工科大学』など、名だたる大学に次々に合格していました!!しかし、選んだのは『東京大学』だったようです!!

 

東大でも十分過ぎるほどの天才ぶりですが、モーリーロバートソンは東大に入学後4ヶ月で自主退学したと言います!!

 

その理由は、『どうしても雰囲気が合わない』だったようです・・・。そんな理由で辞めれるのが凄いですよね・・・本当に規格外ですよね・・・(笑)

 

挫折に打ちのめされたと思いきや・・・モーリーロバートソンは、その後『ハーバード大学に入学した』ようです!!どんな頭の構造をしているのか、本当に見てみたいですよね・・・(笑)生まれながらの天才なのかもしれません!!

 

そんなハーバード大学も、モーリーロバートソンの肌には合っていなかったようで・・・一時期は休学をしたそうですが無事卒業する事が出来たと言います!!

 

そんな天才モーリーロバートソンが大学で学んだのは『電子音楽とアニメーション』で、卒業制作には音と映像による幻覚体験を元にしたモンタージュ作品を制作したそうです!!その作品が残っていたので、以下に載せておきます!!

 

 

常人では理解出来ないような作品ですよね・・・(笑)天才の考える事は、いつの時代も規格外ですね・・・(汗)

 

大学時代に音楽に傾倒したと思いきや、モーリーロバートソンの音楽熱は中学時代から続いており、その結果が大学の卒業制作に生きたと言います!!現在の職業に関しても、コメンテーターと思われていますが元々はアーティストという一面を持ち合わせています!!

 

現在でもDJをするなど音楽活動も精力的に行っています!!卒業制作といい、音楽の才能にまで恵まれるとは奇才以外の何者でもありません!!

 

これだけ多彩な才能に恵まれていたのならば、学生時代はモテたのではないかと思う方も多いはずです!!調査してみると、モテていた事が明らかになったのですが・・・そのモテぶりがまたまた規格外でした・・・(笑)

 

その真相について見ていきましょう!!

 

モーリーロバートソンは若い頃モテ過ぎて退学処分になっていた!?

 

 

モーリーロバートソンの天才•奇才ぶりに関して見てきましたが、更に驚きなのは『モテまくりな学生時代』だったと言うのです!!そのモテぶりが炎上し退学処分になったとも言われています!?

 

一体、どう言う事なのでしょうか?詳しく見ていきましょう!!

 

どうやら学生時代にモテ過ぎて、『風紀が乱れるから自主退学してくれ!』と学校側から泣きつかれたようです。このような事態になったのは、当時の彼女が妊娠をしてしまったそうで、その相手がモーリーロバートソンなんではないかと言われた事から退学を勧められたと言います。

 

事の真相は、判明しておらず噂レベルに過ぎません・・・。真相に関して、新しい情報が入りましたら追記します!!

 

モーリーロバートソンの両親も規格外の人物だった!?

 

                         画像引用元:蜉蝣のカゾク

 

モーリーロバートソンの常人とは思えない程の天才•奇才ぶりをここまで見てきましたが、ここまで素晴らしい才能に恵まれたのは両親のお陰なのではないかとも言われています!!

 

両親に関しても、規格外の人物なのでしょうか?その真相に迫ってみましょう!!

 

モーリーロバートソンの父親は規格外な医師だった!?

 

まずは、モーリーロバートソンの父親に関して調査してみると『医師』である事が判明しました!!父親の経歴もモーリーロバートソンの生き方同様に規格外な事も明らかになりました!!

 

父親の名前は『トマス・ロバートソン』と言い、スコットランド系のアメリカ人で、『ヴァージニア大学医科大学院』を卒業しています。

 

その後、サンフランシスコで医師として経験を積み、1968年に広島への移住を機に、放射線影響研究所での勤務をしながら原爆患者の研究に従事したようです!!その後、1975年に転勤でノースカロライナ州チャペルヒルに移り住みました。

 

そして、1977年の夏頃にサンフランシスコに戻ったと言います!!

 

医師として様々な経験をし、様々な環境で医療に従事しているのが素晴らしいですね!!異国の地で、更に学びを深める辺りもバイタリティーに満ち溢れており、モーリーロバートソンが様々な事にチャレンジするようになったのも父親の影響があるのかもしれません!!

 

モーリーロバートソンの母親は新聞社勤務のキャリアウーマンだった!?

 

モーリーロバートソンの母親についても調査してみると、父親に劣らない程のエリートである事が判明しました!!

 

母親の名前は『ロバートソン黎子(れいこ)』と言い、1932年生まれだと言います。ロバートソン黎子の実家は、富山県高岡市の大地主で広大な土地を持っていたそうです。

 

ロバートソン黎子は富山県高岡北部高等学校を卒業し、東京外国語大学英語学科に入学し、その後に早稲田大学第一政治経済学部を卒業しました!!

 

早稲田大学を卒業した年に、『毎日新聞東京本社』に入社、1年間は仙台支局での勤務を経験し女性初の『外信部記者』となりました!!外信部とは、海外支局や通信社から入ってくる海外のニュースを処理する部署の事を指します!!

 

ここまで見ても華々しい経歴ですが、これでは飽き足らず・・・奨学金を獲得し1958年8月からヴァージニア大学に日本人女性初の留学を経験しました!!

 

日本人初とか、本当に規格外ですね!!父親同様のバイタリティーで家族全員が、とんでもない行動力を持っている事は明らかです!!

 

その留学先でトマス・ロバートソンと出会ったようです!!2人は交際に発展し、1961年に毎日新聞社を退職し、聖路加病院で結婚式を挙げた後にアメリカでの生活を開始したと言います!!

 

母親に関しても規格外な経歴を持ち、天才的な能力を持っており『エリート家族』が誕生した理由が頷けます・・・(笑)神様は不公平ですね・・・天は二物も三物も与えてますね・・・(笑)

 

モーリーロバートソンの母親のスパルタ教育説はデマと判明!

 

                                                                                                 画像引用元:pen

 

そんな母親・ロバートソン黎子のスパルタ教育によって、モーリーロバートソンが天才になったと言われています。その点について、調査してみると『完全なるデマ』である事が判明しました!!

 

このような噂が流れるようになったのは、モーリーロバートソンの学歴が関係しています。これ程までのハイスペックな経歴を持っている事から『小さい頃から幼児教育を受けていた』という印象からスパルタ教育だったのではないかという憶測が飛び交いました。

 

実際の所は、『本人の意思を尊重しながら近くで支えるという見守り型の子育て』だったようです。あくまでも、勉強熱心になったのはモーリーロバートソン自身の考えや気持ちだった事は明らかです!!

 

ロバートソン黎子は学校のPTAや地域の活動にも積極的に参加していたようです!!そんな一面からも、子供を第一に考えていた事が伺えます!!

 

あくまでも噂であり、デマである事は明らかです!!むしろ、両親のバイタリティーのある生き方を見てきた事で、モーリーロバートソンが勉強に目覚めたのかもしれません!!

 

どちらにしても、現在のモーリーロバートソンがあるのは両親のDNAを受け継いでいるからだと考えられます!!

 

まとめ

・モーリーロバートソンの若い頃は、ロン毛のイケメンで常に笑顔の『ハッピースマイラー』と呼ばれていた過去がある事が判明!!

・モーリーロバートソンの学歴から天才レベルの学力を持ち、自身の力で名だたる名大学に合格している過去がある事が判明!!

・モーリーロバートソンはハーバード大学時代に電子音楽について学び、現在のDJ活動や音楽活動のルーツになっている事が判明!!

・モーリーロバートソンの若い頃は、モテ過ぎて退学処分になったという噂があるが真相は不明である事が判明!!

・モーリーロバートソンの父親は『医師』、母親は『毎日新聞社』で働いていた事が判明!!家族全体がハイスペックである事が判明!!

・モーリーロバートソンの母親はスパルタ教育ではなく、あくまでも子供の意見を尊重し見守る姿勢の子育てをしていた事が判明!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です