仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子の病気はALSが濃厚!現在は歩行困難で寝たきりか!?

トレンディー俳優として活躍し、現在は大人の色気を出し渋さも増した俳優・仲村トオル。

 

仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子が『不治の病』に侵されているとの噂がネット上で騒がれています。鷲尾いさ子の身体を蝕んでいる病は『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』が濃厚ではないかと言われています!

 

今回は、仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子の病気について徹底検証し、現在の夫婦関係と今後についてを徹底暴露していきたいと思います!!

 

では、今回も張り切って見て行きましょう!!

 

仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子のプロフィール・経歴

 

 

生年月日:1967年4月1日

出身地:新潟県新潟市

血液型:AB型

身長:175cm

 

仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子は、1982年に文化出版局が発行するファッション雑誌『紫苑』の専属モデルとしてデビューし、1985年に全日空のサマーキャンペンガールに選ばれ、一躍スターダムの仲間入りを果たしました!!

 

プロフィールにもあるように、身長が174cmと高くプロポーションと美貌を兼ね備えており、パリコレで 『C ・ ディオール』のショーに参加しました。日本人唯一のモデルとして話題になり、モデル業界でも大きく評価されたそうです!

 

その後、映画『野ゆき山ゆき海べゆき』で女優デビューを果たし、この作品ではヌードを披露するなど体当たりの役作りに話題が集まりました!!

 

そして、鷲尾いさ子をよりブレークさせたのは、サントリーのCM『鉄骨飲料』で社会現象になるほどのCMになりました!!

 

 

そんな華々しい活躍を続けてきた鷲尾いさ子ですが、2013年4月に一部週刊誌に数年前から難病を患い歩行も困難な程であると報道をされました!

 

では次は、鷲尾いさ子の『難病』について見て行きましょう!!

 

仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子は不治の病にかかっている!?

 

 

仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子が『不治の病』に侵されているとの報道をしたのは2013年の『女性セブン』が発端でした!

 

その中で、鷲尾いさ子は原因不明の病気に襲われていて外出すらままならない状態であるとリークされたのです。

 

現在の所、鷲尾いさ子の症状として挙げられているものは以下のようです。

 

  • 原因不明で完治が困難
  • 50〜60代に多い
  • 若年層での発症例もある
  • 歩行障害・言語障害が出る事もある
  • 投薬・リハビリ等による治療が主

 

では、鷲尾いさ子の病は一体何なのでしょうか?報道では真実を語られる事が無い現状ですので、筆者なりの見解を含め、病名を徹底検証していこうと思います!!

 

疑惑の病気を徹底検証

 

鷲尾いさ子の病気は、一体何なのでしょうか?現在、病名として挙げられているものが幾つかあります。

『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』『ギランバレー症候群』『膠原病』『パーキンソン病』の4つが挙げられています。

 

この中で1番濃厚だと言われているのが『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』です!!

 

疑惑の病気に関して、1つ1つ紐解いていきましょう!!

 

疑惑の病気① ALS(筋萎縮性側索硬化症)

 

鷲尾いさ子の難病の最有力と言われているものは『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』です。

 

鷲尾いさ子の難病をリークした『女性セブン』の中で、日本健康教育振興協会の菅原道仁会長が幾つかの病名を挙げており、その中で特に有力と話したものが『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』でした。

 

『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』は、手足や喉、舌の筋肉が衰え、徐々に呼吸に必要な筋肉が段々痩せて行く病気だと言います。

 

筋肉自体が動かなくなる病気では無く運動ニューロン神経がダメージを受け、手足や舌、呼吸を司る脳の指令が身体に伝わらなくなるようです。

発症年齢として、50~60代の方に多い事も研究により判明しています。

 

『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』の発症年齢や症状が、現状判明している鷲尾いさ子の状態と酷似している事からも濃厚であると考えられます!

 

『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』の怖さは視力そして聴力などの感覚神経には影響を与えず、更に内臓機能などにも障害をきたさない事が判明しています!

 

その為、呼吸が困難になっても意識がハッキリとしているようです・・・。とんでもなく怖い状況になる事が想像できます・・・。死へのカウントダウンを意識がハッキリしている中で迎えるのは恐怖以外の何物でもありません・・・。

 

疑惑の病気② ギランバレー症候群

 

次の疑惑の病気は『ギランバレー症候群』です。

 

この病に関しても、肢体に障害を生じさせるようですが『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』とは発症原因が違う事が分かっています。

 

まず、この病が起こるきっかけで挙げられるのが食あたりやインフルエンザなどの完治後1~3週間後に『両手足に力が入らない』『全身にマヒが急速に広がる』という症状が現れると言います。

 

『ギランバレー症候群』と『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』は進行速度に大きな違いがあり『ギランバレー症候群』は免疫不全になり急速に症状が進行すると言われています。

 

それに反し、『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』は年単位で徐々に進行していくとされています。

現在の鷲尾いさ子の状況を考えると『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』が濃厚であると考えられます。

 

疑惑の病気③ 膠原病

 

次の疑惑の病気は『膠原病』です。

 

膠原病に関しては、関節の腫れやこわばり、変形などを起こす事があり投薬で抑えられる事も判明しています。

病気の発生原因については、本来は自身の身体を守るために存在する免疫システムが異常反応を起こし、自身の身体を攻撃してしまう自己免疫反応による事が現在明らかになっています。

 

原因が判明している事から、鷲尾いさ子の『原因不明の不治の病』には当てはまらないと考えられます!!

 

疑惑の病気④ パーキンソン病

 

では、最後の疑惑の病気は『パーキンソン病』です。

 

パーキンソン病の発症の原因は、現在解明されており鷲尾いさ子の『不治の病』の候補からは除外されています。

 

しかし、ALSの次に有力な候補であると言われ続けています。進行性の病気であり、日常生活に支障をきたす程の病で50代以降に発症しやすいようですが、症例的に40代でも起こり得るとも言われています。

 

症状的には、肢体の震え、筋肉の固縮や姿勢を維持する事が困難になり転倒しやすくなる運動障害が多くあげられます。

 

ここまでの疑惑の病気を総合的に判断すると、やはり『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』である可能性が最も高いと考えられます!!

 

仲村トオルの鷲尾いさ子を支える姿に涙!

 

 

では、現在の中村徹と鷲尾いさ子の夫婦関係は、良好なのでしょうか?病を患い、夫婦関係は正常に保たれているのでしょうか?

調査してみると、仲村トオルの献身的な支えが涙腺崩壊レベルだと言われています!!

 

その点について、詳しく見て行きましょう!!

 

仲村トオルの献身ぶりに涙腺崩壊!

 

 

仲村トオルは、鷲尾いさ子の病気が発覚してから生活がガラリと変化したと知人や関係者が証言しています。

 

鷲尾いさ子の病気が発覚した当初、2人の間には幼い娘が2人おり病気の妻と子供を支える為に、仲村トオルは仕事をセーブし献身的に鷲尾いさ子を支えていたと言われています。

 

また交友関係等も一切断ち切り、趣味であるゴルフも辞めているそうです・・・。

 

現在は、2人の娘も成長し家事などを分担するようになり、仲村トオル自身も仕事を定期的に行えるようになり連続ドラマなどにも精力的に出演しています。

 

仲村トオルが、ここまで妻である鷲尾いさ子や子供の為に頑張れるには彼なりの『家族に対する思い』があるためだと言います!!

 

その詳細を見て行きましょう!!

 

仲村トオルの家族に対する思いがヤバい!

 

 

とあるインタビューで仲村トオルは、守り抜きたいものは何かと問われ『家族』と断言したようです。

 

『もちろん家族です。俺の代わりの役者はいくらでもいる。そんな感覚は今より若いころのほうが強かったと思いますが、妻や子供は間違いなく、自分でなければダメな人たちで、自分をどうしようもなく必要としてくれていると思う』

 

家族の為ならば、『役者』という仕事すら捨ている覚悟がある事が分かります・・・・・・・。本当に家族思いな素晴らしい男性であると感じます!

 

その家族思いな仲村トオルは2008年に『ベスト・ファーザー イエローリボン賞』を受賞しています。その賞をもらう事が頷けます。

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の今後は?

 

 

では、今後の仲村トオルと鷲尾いさ子はどうなって行くのでしょうか?

 

ここに関しては、完全に筆者の思いと憶測のみでの記載になりますが・・・2人の今後は『介護』ありきの夫婦生活になる事が考えられます。ALSの進行具合によっては、寝たきりになり車いす生活は必須になると考えらます・・・。

 

これまでの夫婦の絆を見ていると、今後も仲村トオルは献身的に鷲尾いさ子を支え続ける事が予想されます。

 

もしかすると、治療に良いものがあれば仕事をセーブしながら闘病生活を送る事も考えられます。どんな事があっても、夫婦関係を保ちながら最後の時まで添い遂げる夫婦になる事は間違いないと思われます。

 

筆者の切なる思いは、効果的に療法や治療薬が開発されることを祈るばかりです・・・・・・・。

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の馴れ初め

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?調査してみると俳優と女優らしい馴れ初めであった事が判明しました!

 

詳しい情報を見て行きましょう!

 

出会いから結婚に至るまで

 

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の出会いのきっかけは、1992年に放送された大河ドラマ『信長』とTBSドラマ『俺たちルーキーコップ』での共演がきっかけだと言われています!!

 

当時、仲村トオルは5年程交際していた宮崎ますみとの破局が報道されたばかりでした。

 

鷲尾いさ子との交際については、親しい俳優仲間にも秘密にしていたようで徹底したマスコミ対策をしていたと話題になっていました。

 

マスコミ対策の徹底ぶりは凄まじく、鷲尾いさ子とのデートの際は車の後部座席に乗せ、自宅の周辺を2~3周し別々に車を降り、時間差を作り自宅に戻るなどを毎回行っていたと言われています。

 

そして、1994年のクリスマスに『結婚しようか?』とプロポーズを行い晴れて1995年9月5日の籍を入れました!籍を入れると同時に、結婚会見も行い『結婚の決め手』についても語っています!

 

結婚の決め手

 

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の『結婚の決め手』はどうやら『週刊誌に激写された事』が大きかったと言い、報道される前に結婚会見を行ったようです!!

 

仲村トオルは『生真面目』で今後の俳優人生と嫁である鷲尾いさ子のイメージを保つ為に、先手を打ち結婚会見をしたと言われています!

 

2人の惚気ぶりが話題で、仲村トオルは鷲尾いさ子に対して『全部好き』と答え、鷲尾いさ子も『私も一緒です。私が柳のように揺れても彼が足をしっかりつかんで倒れないようにしてくれる』と答えたそうです!!

 

相思相愛で、尚且つ惚れ込んでいるのが分かります!ここまでハッキリと惚気られると見事ですね!(笑)

 

極秘交際を続けた事がよほどのストレスだったようで『この日が来るとは思っていなかった・・・・・』と鷲尾いさ子は発言し涙を浮かべたそうです・・・・・・・。芸能人の交際も、本当に大変だと感じます!

 

まとめ

・仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子の不治の病には諸説あるが『ALS(筋萎縮性側索硬化症)』が濃厚である事が判明!!

・現在も夫婦関係は良好で鷲尾いさ子を支える為に仲村トオルは仕事をセーブし献身的に支えていた時期もある事が判明!!

・仲村トオルは『家族に対する思い』が強く、家族を守る為ならば『役者』を辞める覚悟すらある事が判明!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です