佐藤二朗の妻はどんな人?オッサン顔と話題!?成功する家庭の作り方が勉強になる!

独特の演技で、最近はテレビや映画に引っ張りだこの俳優・佐藤二朗!!!

その妻が今話題沸騰中で、どうやら顔がオッサン顔なのでは?とSNS上をざわつかせている。

今回は、佐藤二朗の妻を徹底解剖していきます。そこから見えてきたのは、夫婦二人三脚の波乱万丈人生でした。

更に、Twitterで話題の佐藤二朗の妻への惚気ツイートから夫婦円満・成功する家庭の秘訣が判明しました!!!

 

では、早速見ていきましょう!!!!

佐藤二朗のプロフィール

                                  画像出典元;narrow

 名前:佐藤二朗(さとうじろう)
生年月日:1969年5月7日
出身地:愛知県春日井市産まれ、愛知県東郷町育ち
身長:181㎝
血液型:A型
所属事務所:フロム・ファーストプロダクション

 

驚くべきは、身長がかなり大きい!!

テレビや映画で見た感じ、ガタイが良く身長は小柄に感じていましたがなかなかの巨人(笑)

実は、足のサイズも規格外の31cm!?ビート板みたいな靴を履いているとの事!!

佐藤二朗の妻は誰?馴れ初めは?

 

佐藤二朗の妻はどんな人なのか?そして、気になる馴れ初めは?詳しく見ていこうと思います!

佐藤二朗の妻は誰?

                             画像出典元;気になるあの人の噂まとめ

佐藤二朗の妻は一般女性なので顔画像や情報は一切ありませんでしたが、佐藤二郎さんはツイッターで妻のことを呟いています。

その内容から、ある程度の情報が見えてきました!!

 

年齢に関しては、佐藤二朗の4つ下といわれているので、46歳であると考えられます。(2020年1月現在)

 

身長147cmの小柄な女性で、ツイッターでは「ルミねえ」という愛称で呼ばれているとの事。

 

ルミねえと呼ばれているので、名前はルミもしくはルミコだと考えられます。

漢字の候補としては、佐藤 留美(子)・瑠美(子)・流美(子)・琉美(子)・瑠実(子)・瑠未(子)・瑠海(子)・留実(子)・留未(子)のどれかでしょう・・・・・・・(笑)

まあ・・・・その可能性は高いですね・・・・ルミという名前だけでも沢山あるんですね・・・・(笑)

 

更に、何でもすぐにニオイを嗅いでしまう癖があるんだとか。

相当な匂いフェチなことが伺えます・・・・・(笑)そして、好奇心旺盛ですね(笑)

 

容姿に関しては、佐藤二朗の息子がかなり衝撃的な発言をしております!!

オジサンって!!!子供の発言なので信憑性は薄いが・・・・(笑)

もしかしたら、本当にオジサン顔なのかもしれないが、真実は佐藤家の秘密という事でそっとしておこう・・・・(笑)

 

次に気になるのは、佐藤二朗と妻の馴れ初めではないだろうか?

そこについて見ていこう!!

妻との馴れ初めは?

佐藤二朗さんは現在テレビドラマ・映画で見ることが多いですが、ブレイクする前は劇団に所属し俳優活動を行っていました。

妻とも、そんな舞台活動を中心に行っていたときに知り合ったそうで、妻も舞台女優だったそうです。

妻との交際までが、なんだか初々しかったことが垣間見えるツイートを発見しました。

 

告白の状況も、なんともピュアで素敵な方だなっと感じます。

 

 

妻と知り合った頃は、役者だけでは食べて行けずアルバイトをしながら生計を立てていたそうです。

妻は、そんな時代から佐藤二朗さんの貧乏生活を支えてくれていたので凄く一筋で健気な女性なのではないでしょうか?交際期間は8年だったといわれています。

かなり長い期間を支えながら、結婚に至ったのですね!!!

妻の両親への挨拶エピソードが、佐藤二朗らしいものでした。

 

妻の実家は、群馬県でお寺との事。佐藤二朗がご両親に挨拶に行く際、義父に俳優業であることを認めてもらうために色々と思案したとの事。

NHKに出演していた過去があり、その作品を餌に認めてもらうという作戦に出た。そこが功を奏し、結婚を認めてもらえたそうです。

 

やはりNHKの力は、大きいのでしょうね!特に御年輩の方々からしたら、説得力を感じるのだろう。

説得力を感じるのは確かだが・・・・NHKさん・・・日々受信料を払うことに疑問を感じてます・・・・(笑)

おっと!!心の声が出てしまった!!(笑)脱線脱線・・・・・話を戻そう!!

 

今でこそ、演技派俳優としての座を確立している佐藤二朗だが、そこに至るまでは波乱万丈な人生でした。

そこには、いつも妻の存在があったからこそ乗り越えられたことが分かるエピソードが多々ありました。

次は、その軌跡を見ていこうと思います!!!

 

佐藤二朗の波乱万丈人生を支えた妻との軌跡!

今の俳優としての成功に至るまでは、正に紆余曲折だったのではないでしょうか?そんな時代も妻がいてくれたから乗り越えられたのだと思います。

では、ひとつずつ見ていきましょう!!!

会社を即辞めした過去

                                                                                                                             画像出典元;比較biz

佐藤は大手企業のリクルート社に入社が決定したが、1日で退社したそうです。

 

「入社式を日本武道館でやって、有森裕子さんが来たり、二次会では嘉門タツオさんが歌ってたりしてました。すごい魅力的で勢いのある会社で、たくさんのアイデアが出る会社で…言うまでもなくリクルートには何の問題もない」と切り出すと、「社員証を人事部長にお返ししたときに、『リクルート30年の歴史で入社日と退社日が同じ日になったのは君が初めてだよ』と言われた」と驚かれたことを告白してます。

 

「20代の頃は本当にどうしようもなく、あっち行ったりこっち行ったりの精神状態だったんで1日で辞めちゃいましたね」と、会社のイケイケな雰囲気に馴染めず退社したことを当時を振り返りながら語っています。

 

そのイケイケな雰囲気というのも、「リクルートは、芸というものを非常に大切にするという風土がある。」そうです。

内定者を対象とした「内定者拘束旅行」というものがあるんだそうで、他社に内定者を取られないようにするための旅行で時代的に見てバブル期の名残なんでしょうね・・・・。

ノリは、体育会系で砂浜でイカダを作るなどの少々意味の分からないゲームをするそうです。

本当に意味が分かりません・・・・(笑)そういったノリについていけず、一日で退職に至ったみたいです。

まあーそんな会社なら辞めますよね・・・・・(笑)

この当時は妻と出会ってはいませんが、思ったら即行動という性格は変わらないと思うので、妻と出会った後も後先考えずに行動することが多々あったんではないでしょうか?

 

女性は、相談しないで行動すると・・・・本当に不機嫌になり・・・その後は・・・・。

なんとなく展開は分かります・・・・(笑)

修・・・羅・・・場・・・。考えただけで・・・恐ろしい・・・・(笑)

妻も苦労したと思いますが・・・・少し佐藤二朗にも同情します・・・(笑)男はいつまで経っても子供ですからね・・・・無鉄砲なんです。おっと!!また話が脱線してしまいました!!!

 

次のエピソードを見ていきましょう!!

 

演劇ユニット『ちからわざ』立ち上げの過去!

                                 画像出典元;スポニチ

リクルートを即日退社した後、佐藤二朗は役者になるため行動を始めたそうです。その当時の事について、

「養成所に2つ通ったけどダメで。“やっぱり役者は無理だ”“じゃあ、趣味で役者をやろう”“いや、やっぱり無理だ”を行ったり来たり。われながら、20代の自分はなんて優柔不断なヤツなんだと思います(笑い)。26歳のときにきっぱりと足を洗って、小さな広告代理店の営業になったんですが、やっぱり俳優をやりたくて。土日の余暇を利用して、養成所時代の仲間と立ち上げたのが『劇団ちからわざ』でした」と語っている。

劇団の公演や運営には、かなりのお金がかかるためアルバイトをしなければ生活出来なかったとのことです。

 

調べてみると小劇場で芝居を一本公演をするのに、概算で150万円前後かかるらしいです。

やはり、役者の方々は下積み時代は相当苦労をされているんですね・・・・・。

その当時妻と支えあって生活していたことが、佐藤二朗のTwitterからも分かります。

本当に素敵な夫婦ですし、妻の献身ぶりが垣間見えます!!!下積みを支えたのは紛れもなく妻だと感じます。

成功の裏には、やはり女性の存在がありますね!!!

次を見ていきましょう!!!

脅迫障害を乗り越えた過去!

 

見た目は強そうな佐藤二朗ですが、実は強迫障害という精神的な病気を抱えています。過去には、症状が悪化し仕事が出来ない程だったそうです。

 

どんな病気なのかというと、鍵をかけたかとかガスを消したかなどを何度も確認しないと気が済まない、自分が誰かに危害を加えてしまうのでは?自分が自殺してしまうのでは?といったことを過度に思考してしまう病気のようです。
更にものがちゃんと並んでいない、あるべきところにものがなかったりすると不安を感じて何度も置き場所を確かめたりしてしまうそうです。

 

佐藤二朗の強迫障害の症状は脈絡もない言葉が頭に浮かび、それをメモにしなければ何事も手に付かないという症状だそうです。

佐藤二朗が強迫性障害で最初にやってしまったのは小学校高学年の時でした。テストの答案用紙にメモを書いてしまい、その書いた言葉を鉛筆で消して提出したために用安容姿は真っ黒に。

それを見た先生に「何だこれ」と言われて佐藤二朗自身も自分が普通じゃないんじゃないかとショックを受けてしまった過去があります。

現在も佐藤二朗の強迫性障害の症状は長時間プレッシャーを感じると出てしまっています。ドラマの撮影中は撮影の合間にメモをとれますが二時間ずっと舞台の上にいるときなどメモが取れない状況であると太ももに爪で書かないと落ち着かなかったことも。

現在は佐藤二朗の強迫性障害はある程度落ち着いているもののメモだけは手放せないとのことです。

 

この病気を患っている有名人は多く、ドナルド・トランプ、レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、鬼龍院翔、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、また坂上忍や今田耕司なども脅迫障害の可能性があるそうです。

克服には、かなり時間を要するようで妻の心労は測り知れない程のものだったと考えられます。調べてみると家族のケアや苦労が分かってきました。

 

強迫症では、本人のみならず、家族など周囲の人にも著しい影響が及びます。特に深刻なのは、巻き込み症状です。これは、例えば手洗いや確認などがちゃんとやれたかが心配で、大丈夫という保証を家族に繰り返し求める「保証の要求」や、ある儀式的行為(寝る前の鍵の確認など)を、大抵は本人の監視下で家族に強いる「強迫行為の代行」、そして自らが作ったルール(帰宅した際の手洗いや入浴など一連の洗浄行為など)を家族にも従うよう強制する「ルールの強要」などがあります。通常、巻き込み症状は、経過と伴に生活全般に拡大し、ルールはより厳密化していきます。これも強迫行為と同様で、より完璧を求めて切りがなくなり、家族はいずれ応えきれなくなります。例えば、患者さんから「大丈夫か」と繰り返し尋ねられる「保証の要求」は、返答を繰り返す中で却って要求がエスカレートし(もっと真剣に言えなど)、納得して終えることが難しくなります。すると患者さんの不安やイライラは高まりますし、一方家族には、長時間拘束されて疲労困憊するなど、心身に大きな負担がかかります。この場合、まず本人は、他者を巻き込みコントロールしようとすることが、結局は自分の思うようにならず、不安焦燥を招く不安定要因となりうるものと知る必要があります。一方家族は、しばしば過度の責任感や罪悪感を抱いており、要求に応えることが患者さんの為と考える傾向にありますが、結果的には要求に応えられず、不安や怒りを増幅させるだけとなります。この様な巻き込み症状の不合理性、非現実性を双方が理解し、ルールを決めて(例えば保証の要求は一回のみとする)、その実行を心掛けることは、病状の悪化を防ぎ治療環境を安定させる上でも重要です。

他にも、家族がこの病気の理解に努めること、患者さんが治療を受けるよう根気強く支えること、患者さん自身が最も辛く苦しんでいることを忘れず、病気について責めないこと、ご自身の健康にも気をつけつつ、主治医にも相談しつつ無理なく一貫した応援を心がけることなどが大切です。    引用:日本精神神経学会

 

この病気と向き合い献身的に支えてきたのは、紛れもなく佐藤二朗の妻であります。この過酷な状況を乗り越えたからこそ、現在の佐藤二朗の成功があると感じます!!!

やはり、ルミ姉が成功のカギを握っていたんですね!!!!

 

数々の苦難を乗り越えた二人の現在の関係から、成功する家庭の作り方が見えてきました!!!

次は、そこについて見ていきましょう!!!

佐藤二朗・妻への迷言から垣間見る成功する家庭の作り方!

とにかく、佐藤二朗の妻への愛情がほとばしってるTwitter投稿が多いのだが、そのツイートから成功する家庭の作り方が見えてきました!!!

とにかく、笑顔が絶えない家庭であり妻のスタンスが家庭円満を生み出していることが滲み出ています。

極上の気分になるコロコロとした笑い声を聞いたならば、生きる活力になることは間違いないだろう!!!

ツイートを見た人は、グッと来てる方も多いようです。

『とにかく笑顔』当たり前だがここに関しては、家庭円満の一番の要素である!!!俳優業というプレッシャーの多い中で、家庭が一番の安らぐ場所として妻が配慮していると感じます。

『どんなに恥ずかしくても気持ちを素直に伝える』ここに関しては、日本人が一番苦手なところだと思うが気持ちや感謝をきちんと伝えることの重要性が感じられます。

 

私も妻への愛を久々に伝えてみようかな・・・・・無視されそう・・・・・(笑)

 

そんなことは気にせず、伝え続ける男・佐藤二朗のツイートからより成功する家庭が見えてきます!!!

人類史上一番愛してる!!!これを口に出来る佐藤二朗は本当に男の鏡であると感じます!!

とにかく気持ちをどんな形にしろ伝えることで家庭円満を保っている!!更に、文面から佐藤二朗は妻の尻に敷かれているのでは無いでしょうか?(笑)

妻は素っ気なく接しているが、言われて嫌な女性はそうそういないのではないだろうか?恥ずかしさから無反応・素っ気ないなどあると思うので、伝えることが非常に大切なことが伺えます。

やはり、ここでも120%の気持ちをきちんと伝えている事に加え、嘘はつかない夫婦関係が垣間見える!!!

そこに関しても、佐藤二朗夫婦が円満な家庭を築いている理由なのかもしれない!!!

 

なにはともあれ、まずは男性側から女性に対して愛情や感謝をきちんと伝えること成功する家庭の秘訣であることが伺える!!

加えて、妻の尻に敷かれることも大切なのかもしれない・・・・(笑)

 

私は、ガッツリ尻に敷かれてるが・・・・まるで便座の様に・・・・敷かれすぎ・・・・・(笑)切ない・・・・(笑)

脱線に脱線を重ねてしまった!!!失礼致しました!!

 

どの時代でも、成功する夫の陰には妻があるのが今回の佐藤二朗夫婦を見て痛感しました!!!

 

まとめ

・佐藤二朗の妻は『ルミ姉』という愛称で呼ばれ、身長147cmの小柄な女性であることが判明!!

・妻の顔は、オジサン顔かの真偽は闇の中だが、少なくとも息子からの視点ではその可能性が高い・・・・(笑)

・佐藤二朗の妻は、元舞台女優交際期間は8年とかなり長期に渡り交際を続け結婚に至った!

・現在の佐藤二朗活躍の裏側には様々な波乱の人生があり、その横には常に妻の支えがあった。

・佐藤二朗は脅迫障害を患っているが、妻の献身的なサポートにより現在は落ち着いている。しかし、症状は現在も出ることがある。

・佐藤二朗のツイートから成功する家庭の像が見えてきた。とにかく、男性から女性に対する愛情や感謝を伝え続けることが重要であることが判明!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です