瀬戸内寂聴の若い頃は昼ドラ並みのクズ不倫を連発!娘を捨てた真相と出家の理由に激震!

作家として数々の作品を執筆し、現在は僧侶として世の人々の人生相談に乗っている瀬戸内寂聴。

 

その瀬戸内寂聴の若い頃が現在と、かけ離れていて衝撃的だと話題になっています!!調査してみるとんでも無い事実が明らかになりました!!

 

それは、瀬戸内寂聴は若い頃に昼ドラもビックリの『ゲス不倫』を連発していたと言うのです!!更に、不倫愛に溺れた結果、旦那と娘を捨てたと言います!!

 

今回は、瀬戸内寂聴の若い頃の『ゲス不倫』『娘を捨てた真相』、そして『出家に至った本当の理由』について赤裸々に暴露していきたいと思います!!

 

では、今回も張り切って見て行きましょう!!

 

瀬戸内寂聴のプロフィール

 

 

本名:瀬戸内晴美(せとうちはるみ)

ペンネーム :三谷 晴美

生年月日:1922年5月15日

出身地:徳島県徳島市

 

瀬戸内寂聴の若い頃は3度のゲス不倫を連発と判明!

 

瀬戸内寂聴の若い頃について調査してみると、昼ドラもビックリな衝撃的な事実が判明しました!!それは、どうやら若い頃に『3度のゲス不倫』をしているようで激動の恋愛人生を歩んでいると言います。

 

なかなかハードな人生を歩んでますね・・・・・・・(笑)現在は『欲』とは程遠い生き方をしているのでギャップに驚きます!!

 

3度も不倫を連発出来るという事ですから、瀬戸内寂聴の若い頃は、さぞ美人だったのではないでしょうか?

 

その点について、まずは詳しく見て行きましょう!!

 

瀬戸内寂聴の若い頃の顔写真が流出!現在と顔が変わらず衝撃!?

 

 

瀬戸内寂聴の若い頃の写真が上の写真のようです!!美人だと思いきや・・・・・・どうでしょうか・・・・・?むしろ、現在の面影を残しているように見えるのは筆者だけでしょうか・・・・・?(汗)

 

決して美人では無いと思ってしまいます・・・・・・・・(笑)どことなくですが、芸人『3時のヒロイン』の福田麻貴に似ていると思ってしまいます・・・・・・・(笑)

 

 

福田麻貴は度々、顔面偏差値が『下の上』と言われており・・・・・・・そうなると瀬戸内寂聴の若い頃も『下の上』と言えるのでは無いでしょうか・・・・・・・・?(笑)

 

では、何故不倫を連発出来たのでしょうか?写真からは伝わらない『男を虜にしてしまう魔性』があるのかもしれませんね・・・・・・・・床上手なのでしょうか・・・・・・・?(笑)

 

そんな瀬戸内寂聴ですが、ゲス不倫に至るまでの結婚生活はどのようなものだったのでしょうか?

 

次は、その点について詳しく見て行きましょう!!

 

瀬戸内寂聴の純粋だった結婚生活をプレイバック!

 

 

瀬戸内寂聴の不倫愛に走るまでの『純粋で幸せな結婚生活』はどのようなものだったのでしょうか?

 

瀬戸内寂聴は、1943年東京女子大学在学中だった21歳の頃に『お見合い』で元旦那と出会い結婚に至りました。その翌年に娘・廸子 (みちこ)を出産しました!!

 

娘・廸子を出産した直後に、元旦那の仕事の関係で2年ほど北京で海外生活をしていたと言います。絵に描いたような順風満帆な結婚生活だった事が伺えます。

 

瀬戸内寂聴の元旦那に関しては、情報が非公開と言われていますが・・・・・・・筆者の独自取材で『酒井悌(さかい やすし)』という『国会図書館副館長』であった事が判明しました!!

 

平成4年2月28日に他界しており、生前は全国学校図書館協議会会長・金沢工業大学理事という肩書を持っていたそうです!!かなりのエリートであった事がお分かりだと思います!!

 

瀬戸内寂聴 1度目の不倫【夫の教え子と禁断愛】

 

 

エリートな旦那との順風満帆な結婚生活を営んでいた瀬戸内寂聴ですが、その後ゲス不倫を連発していきました!!

 

まず1人目の不倫相手は『旦那の教え子21歳』との禁断愛でした!!当時、瀬戸内寂聴は24歳で若さ故の盲目さで不倫に走ったと言います!!

 

瀬戸内寂聴は、恋愛感情を抱くと抑制が効かず夢中になってしまう性格のようで、旦那の教え子との出会いで気持ちに火が着いてしまったようです・・・・・・・。そして、恋仲になり何度も逢瀬を重ねていましたが、どうやら『罪の意識』が大きく旦那に不倫をしている事実を告白したと言います!!

 

その告白を聞き、旦那は激怒し2人が会えないようにする為に『大阪から東京に引っ越した』と言います!!!

 

ですが、恋心に火が着いてしまった瀬戸内寂聴は抑制が効かず、旦那と娘を残し教え子のいる京都に戻ったそうです・・・・・・駆け落ちみたいなものですね・・・・・・なかなかの行動力と盲目さに驚きます!!

 

不倫愛を純愛に変えるよう努力した瀬戸内寂聴ですが、教え子が気持ちに応えきれず破局を迎えたと言います。

 

旦那の教え子のいる京都に向かう際に『娘を捨てた』と言います。当時を振り返り、相当の後悔をした事を後に瀬戸内寂聴は語っています!!

 

旦那を捨ててまで不倫に走ったのは『恋に盲目になった』からだけで無く、元旦那のDVに悩んでいた事も関係しているようです・・・・・・・・。時代的にも、男尊女卑がまかり通っていた時代ですから・・・・・・・暴力が日常茶飯事だったならば逃げたくなるのも頷けます・・・・・・・・・。

 

瀬戸内寂聴 2度目の不倫【年上の妻子持ち小説家と泥沼不倫】

 

 

旦那の教え子との禁断の愛に終止符が打たれた後、瀬戸内寂聴は東京に拠点を移しました。

 

1950年、瀬戸内寂聴が28歳の時に旦那との離婚が成立し、独り身になった事で小説家としてのキャリアをスタートし、ペンネーム『三谷晴美』として活動しました。

 

そのキャリアの途中で『2度目の不倫愛』に溺れたと言います!!2人目の相手は『妻子持ちの小説家』だったと言います!!

 

その相手は『小説家・井上光晴』と言う男性でした。

妻子持ちですから、深みに嵌れば泥沼間違い無しですが・・・・・・本当に泥沼な不倫だったようです。ですが、そんな関係は7年と長期に渡る不倫だったようです・・・・・・・井上光晴の嫁が可哀そうですね・・・・・・・。

 

肉食女子過ぎて笑えます・・・・・性欲の塊だった事が分かりますね・・・・・・・・・。

その欲望の強さを象徴しているのは、瀬戸内寂聴が34歳の時に小説『女子大生・曲愛玲』で新潮同人雑誌賞を受賞しましたが、小説の内容が卑猥だった事で『子宮作家』というレッテルを貼られ、批判の対象になったと言います。

 

『子宮作家』と言われる程の卑猥さという事は、性欲ゴリゴリの小説だったと言う事ですね・・・・・・・・。恋に盲目なのでは無く、性欲が爆発していたのでしょうね・・・・(笑)

 

瀬戸内寂聴 3度目の不倫【教え子と再会し昼ドラ並みの不倫劇】

 

 

7年の不倫が小説家・井上光晴と続いている最中に、12年ぶりに1人目の不倫相手である元旦那の教え子に再開したと言います。

 

12年ぶりに再会した教え子の男性は、見違えるほど生気が無く変わり果てた姿になっていたようです・・・・そんな姿を見て、ほっておけなかった瀬戸内寂聴は再び恋仲になったと言います。

 

小説家・井上光晴との関係も続いていましたので、当時は『三角関係』だったそうです・・・・・・・本当にゲス過ぎてヤバいですね・・・・・・(汗)

 

悲惨な事に、後に元旦那の教え子は事業に失敗し自ら命を絶ったと言います・・・・・。

 

そんな関係を続けている中で、瀬戸内寂聴は『良心の呵責に苛まれた』と言います。そして、長い不倫関係に終止符を打ったそうです・・・・・・。

 

そんな瀬戸内寂聴は自身の半生を振り返り、贖罪を背負った事で驚きの行動に出たと言います!!その後の瀬戸内寂聴について見て行きましょう!!

 

瀬戸内寂聴の出家は修道女になれなかったから仕方なくなったと判明!

 

 

ゲス不倫に心身ともに疲れ果てた瀬戸内寂聴は、『出家』と言う驚きの行動に出たと言います。ですが、この『出家』に関しては裏話があり、本当は『修道女』になろうとしていたと言います。

 

しかし、教会側から『旦那と3歳の娘を捨て、不倫相手と暮らしていた事』を理由に拒否されたと言います。そして、修道女になる事を諦め『出家の道』を選んだと言います。

 

しかし、教会と同様の理由で多くの寺院からも拒絶され続けたと言います。確かに瀬戸内寂聴の行っていた『不倫』はご法度である事は明らかですよね・・・・・・・・(笑)

 

拒絶される事が多かった中で、1973年に『天台宗・中尊寺の今春聴大僧正』の元で出家出来る事が決まったと言います。

 

この時に与えられた法名が『寂聴』だったと言います。無事に出家する事が出来た瀬戸内寂聴ですが、どうやら性を捨ている事が出来ず、出家後も男性と付き合ったり肉食を続けたそうです・・・・・・・・。

 

出家の意味あるんですかね・・・・・・・・・(笑)出家の意味を教えてあげて下さい・・・・・・・・(汗)

 

瀬戸内寂聴と娘の関係は現在良好なのか?

 

 

出家の道を選んだ瀬戸内寂聴ですが、不倫愛に溺れた事で捨てた娘との関係は現在良好なのでしょうか?

 

そもそも何故、瀬戸内寂聴は娘を捨てる事を選んだのでしょうか?

 

その真相について、とあるインタビューで『娘を連れて行きたかったが、現在の様に仕事が無かったので経済的に養っていく事が出来ないと判断し、旦那の元に置いていくと言う決断をした』と言う旨を語っています。

 

娘・廸子は母親である瀬戸内寂聴は『事故死』したと言われていたそうです・・・・。いない存在として扱われていたんですね・・・・・・・・・。自業自得と言えば、それまでですが・・・・・・・現在、2人の関係は一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

元旦那に絶縁された事に加え、実の両親にも絶縁を言い渡された瀬戸内寂聴は『孤独』そのものであったようです。

 

出家した後年になり、瀬戸内寂聴は娘・廸子と関係を持てるようになったと言います。

 

娘である廸子も、母親が『事故死』では無く生きている事を知っていたようですが、母親の『不倫という行い』を許せなかったと言います。

 

2人の関係が良好になるまでに相当な苦労があり、一筋縄では行かなかったようですが和解に至ったと言います・・・・・・・。

 

娘としては、不倫に走った母親を許すのは相当な覚悟が必要だったと感じます・・・・。不倫と言う行いは、自身の人生も狂わせますが・・・・周囲の人達も不幸にしますね・・・・・。

 

ある意味、様々な人間臭い人生を歩んできた瀬戸内寂聴だからこそ現在の様に、人々の『悩み』に対して助言をし悟りを開く事が出来ているのかもしれませんね・・・・・・・・。

 

まとめ

・瀬戸内寂聴の若い頃は現在とあまり顔立ちが変わらず美人では無いことが判明!!

・瀬戸内寂聴の若い頃は旦那と娘を捨て『不倫愛』に溺れ、3度のゲス不倫を連発した事が判明!!

・瀬戸内寂聴は修道女になる気でしたが『不倫』をした事から拒否され、仕方無く『出家』の道を選んだ事が判明!!

・瀬戸内寂聴と娘の現在の関係は良好だと言うが和解までには相当の苦労があった事が判明!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です