滝沢カレンの母親の死因は卵巣ガン!?母親の意外な経歴と滝沢家の子育てが驚愕!!

奇妙奇天烈な言動で話題のタレント・滝沢カレン

実は母親が死亡しているとの噂がネットで囁かれている。どうやら死亡原因は末期ガンだったのでは?と話題になっているようです。

今回は、滝沢カレンの母親の死亡説の真偽と死亡原因を徹底調査していきたいと思います。

更に滝沢カレンの母親の意外な経歴と滝沢家ならではの子育てが驚愕との事でそちらについても徹底解剖していきます!!

 

それでは、張り切って見て行きましょう!!!!

 

プロフィール

 

                                画像出典元:マイナビニュース

名前:滝沢 カレン(たきざわ かれん)

生年月日:1992年5月13日

出身地:東京都

血液型:AB型

職業:ファッションモデル、タレント
所属:スターダストプロモーション

2020年2月現在27歳で、モデル兼タレントとしてマルチに活躍しています。

元々は『SEVENTEEN』のモデルとして活動し、その後『JJ』のモデルとしても活動していました。

https://www.instagram.com/p/B0N6xX8FG7R/?utm_source=ig_web_copy_link

こんな素敵な笑顔をしてる滝沢カレンだが、どうやら母親が亡くなっているとの噂が出回っています。

そこについて見てみましょう!!!

 

滝沢カレンの母親の死因は末期ガン!?

 

                                                                                                                   画像出典元:Real Sound

滝沢カレンの母親は、56歳で既にガンでなくなっていることが2019年8月6日デイリー新潮にて明らかになりました。更に滝沢カレンの事務所も事実であると認めました。そうなると死亡しているのは確実です。

どうやら最近亡くなったのではなく2018年7月に亡くなったとのことです。かなりタイムラグがあるようですが滝沢カレンの心境を考えての配慮なのでしょうか?

真実は謎ですが・・・・・時には週刊誌も人の心情を汲み取るんですかね・・・・(笑)基本的にゲスですが・・・・少し見直しました(笑)

 

では一体何ガンで亡くなったのでしょうか?

 

ネットで調べてみると滝沢カレンの母親のガンについては詳細が無いことが判明しましたが幾つかの情報を元に仮説が立ちました!!!

まず、滝沢カレンの母親はどうやら大の病院嫌いで、滝沢カレンが病院に行くことを進めていましたが頑なに行くことを拒んだそうです。その結果、滝沢カレンが末期ガンの事を知ったのが亡くなる1年前だったそうです。

今現在、医療の発展に伴いガンでの致死率が下がっている中これだけ早く進行し死亡に至ることを考えると一つのガンの可能性が見えてきました。

 

女性特有のガンで考えられるのは、乳ガンですがネットを調べて見ると早期に発見されると転移等にもよりますが1年で急死することは考えられないとの事です。

一説によると乳がん末期のステージⅣの5年生存率は30%から40%程度です。この数字は他のがんと比べて高い割合であり、比較的治療効果が表れやすいガンであると言えます。

そうなると乳ガンの可能性は低いと考えられます!!

 

1年で死まで至ることを考えると疑うべきガンは、卵巣ガンではないかと考えられます!!その根拠について見て行きましょう!!!

 

ネットで調べて見ると卵巣は他の臓器と比べて腫瘍が発生しやすい臓器であり、良性の腫瘍と卵巣がんの鑑別は非常に困難です。そのため、卵巣がんは、様々な検査の結果を総合的に判断して診断を行います。

検査で発見され卵巣がんが末期にまで進行した場合、手術によって全てのがんを取り除くことは不可能だそうです。

卵巣ガン末期状態であるステージⅣまで進行した場合の5年生存率は10%から20%程度であると言われています。卵巣ガンは再発しやすいガンであり、一旦完治したように見えても数年で再発することもあります。再発したガンは、初発のガンよりも治療が困難であり注意が必要だそうです。年齢が若いとより進行性が高くなります。

 

そこから総合的に考えてみると、病院嫌いでガンが進行し発見されたときには手術の施しようがない所まで来てしまっていたのではないかと考えられます。あくまでも仮説ではありますが卵巣ガンの可能性が高いと考えられます。

 

では、2018年7月のいつ亡くなったのでしょうか?

 

いつ亡くなったかは不明ですが2018年7月のインスタの更新が4日~24日までなかったそうで、その期間に亡くなったのではないかと考えられます。

7月25日にインスタの更新を再開していますが母親を亡くしたことを隠しながらも文章の中に母への想いが滲み出ていて胸が締め付けられる思いがします。

 

https://www.instagram.com/p/Blp5pQZFNsk/?utm_source=ig_web_copy_link

ヘンテコな文章ですが端々に母親への想いが伝わってきます・・・・・・・(´;ω;`)

また、葬儀で喪主を務めた滝沢カレンは母親に対して『またママの子で生まれてきたい』と語り涙を流していたそうです。心境を察しただけで心が締め付けられます・・・・・(´;ω;`)

 

では、そんな滝沢カレンの母親はどんな人だったのでしょうか??そこについて見て行こうと思います!!

 

滝沢カレンの母親の顔画像・経歴

 

                             画像出典元:サンド何をインしますか?

まずは滝沢カレンの母親の名前は宮沢さゆりと判明しました。顔画像は、上の写真が母親だそうです。

 

あれ!?母親は日本人ですよね?そうなるとなんで滝沢カレンはハーフ顔なんですかね?

 

調べた所、父親はウクライナ人だそうです。なので滝沢カレンは綺麗なハーフ顔なんですね。

どうやら、滝沢カレンを妊娠中に不倫をして父親はウクライナに帰ってしまったそうです・・・・そうなるとシングルマザーだったんですね。

 

滝沢カレンの母親の出身は埼玉県で血液型は滝沢カレンと同じAB型。

幼い頃からバレエに興味を持っていたそうですが、母親に許してもらえず自身で資金を貯めて近所のバレエ教室に通っていたそうです。

その過程でボリジョイバレエ団の「ロミオとジュリエット」を観劇し衝撃を受けバレエを日本でやり続けることに限界を感じ、バレエをもっと知りたいという思いからロシア語を勉強し始め留学を決意したそうです。

高校は埼玉県の志木高等学校を卒業し、日ソ学院(現:東京ロシア語学院)に入学しその後プーシキン記念ロシア語大学に留学をしました。

 

                                画像出典元:みんなの高校情報

志木高等学校について調べて見ると、現在偏差値は47となかなか低め・・・・・(笑)学力に関しては・・・ですがサッカー選手を多く輩出してるところを見ると学力よりもスポーツや芸などに突出している方が多いのではないでしょうか?

                                  画像出典元:部屋まる。

東京ロシア語学院についても調べて見ると、昼間本科制ですと3年間の学修期間だそうで学費に関しては年間100万前後かかるそうです。

自費で学費に加え留学費用を貯めたようですが、その情熱は本当に脱帽します!!!

留学から帰国後、バレエレッスンのロシア語通訳として仕事を始めたそうです!!!!

 

前述しましたが滝沢カレンさんの父親はウクライナ人で、母親はウクライナ人に対して抵抗が出来そうですが生前は変わらずウクライナ人好きで『ウクライナ人は一番いい。何でもバキバキ言ってくれる』とウクライナ人の魅力を力説していたそうです。

それどころか母親は亡くなる直前までウクライナ人の彼氏がいたんだそうです・・・・・・・(笑)ファンキーな母親ですね・・・・(笑)

 

シングルマザーとして滝沢カレンを育てながらキャリアウーマンとしてもバリバリ働いていたようですが、実は経営者としての顔もあったとの噂がありました!!!!

 

そこについて次は見て行きましょう!!!

 

滝沢カレンの母親経営のバレエスタジオがある!?

 

                              画像出典元:バレエスタジオレビーナ

Ballet Studio RYABINA(バレエスタジオ リビーナ)
〒107-0061
住所:港区北青山3-5-25 表参道ビル
Tel.:03-3401-2254
最寄り駅:東京メトロ表参道駅A3出口すぐ

                                                                                                                画像出典元:東京レッスン.com

 

調べて見ると、どうやら表参道で父親が経営していた建築事務所が倒産し代わりにバレエスタジオ「リビーナ」を半ば無理やりオープンしたそうです。上記の写真に滝沢カレンの母親が写っていることからバレエスタジオ経営は事実のようです。

『レビーナ』に関しては、ワガノワメソッドの教育法をいまも厳格に受け継ぎバレエ学校ではそのカリキュラムに則って授業が行われているそうです。

なんですかね・・・・ワガノワメソッドって!?(笑)

ワガノワメソッドの特徴は、上体と背中を正しく使って身体の軸を安定させ、その安定によってすべての動きをコントロールし、身体全体が調和した、美しく優雅な感情表現を踊りにすることです

とにかく美しいんですね、全てが・・・・(笑)よく分かってませんが・・・・(笑)

更に、ロシア本国の講師から学べるそうでロシアで学ぶのと変わらないバレエを習えるそうです。さすが滝沢カレンの母親のロシアに対しての強い思いが反映されてますね!!

 

通訳をしながらバレエスタジオの経営をしていたならば仕事に忙しく子育てはおざなりになっていたのではないでしょうか?滝沢カレンはほぼ祖母に育てられたと発言していました。

 

その祖母の子育てがとても変わっていたそうです。次はそこについて見て行きましょう!!!

 

滝沢家の子育ての仕方が驚愕!?

 

                               画像出典元:独女ちゃんねる

どうやらある番組に出演した際、滝沢カレンが幾つか風変わりな家族の決まりについて話しておりました。

食事は基本的に和食で食事中はテレビを見せてもらえなかったそうです。尚且つ、テーブルマナーに厳しくオペラを聞きながら食事するらしいのです・・・・・・マジで奇妙・・・・・(笑)

文化の垣根を超えてますね・・・・(笑)これも教育に何かしら影響があるのでしょうか?謎ですね・・・・。

 

更に肉は誕生日など特別なときしか食べられなかったそうです。滝沢カレンは幼少期ハンバーグやグラタン、カレーなどはほとんど食べたことがなかったそうです。食生活に関しては素晴らしいかと思われます!!!

 

更に「トイレのドアは閉めない」といったルールもあったそうです。

これは閉めたい・・・・・・閉めさせて(笑)

 

独特な家庭環境ではあると思いますがテーブルマナー等にも厳しかったそうなので躾は素晴らしく教育的には良いのではと感じます!!!

 

ただ、オペラと和食は驚愕です・・・・(笑)

ごった煮感が凄いですね・・・・もはや異種格闘技戦のよう・・・・(笑)

 

家庭にあまり居れなかった母親と滝沢カレンの関係はどのようなものだったのでしょうか?

 

2人の親子関係は?

 

                                画像出典元:芸能人の自宅探訪

生前、色々な番組での共演を果たしています。『誰だって波乱爆笑』『踊る!さんま御殿』など数々の番組で共演しているのを考えると親子関係も良好であったと考えられます。

『踊る!さんま御殿』に出演した際、滝沢カレンが忙しく久々に会ったと話していたそうです。

病気が発症した後は特に一緒に居れる時間が少なかったのではないかと思います・・・・・そう考えると辛いですね・・・・。

また葬儀での『またママの子で生まれてきたい』という発言からも親子関係が良好であったことが伺えます。

 

滝沢カレンの母親への想い!

 

https://www.instagram.com/p/BojL7Lfllnk/?utm_source=ig_web_copy_link

特に滝沢カレン自身から、母親の死についてのコメントは無かったそうです。滝沢カレン自身のキャラクターも考え天真爛漫な存在を崩さないようにとの事で発言しなかったとも言われています。

ただ、上のインスタ投稿からもどことなく自分を鼓舞しているようにも感じられます・・・・(´;ω;`)

 

 

母親の死を乗り越え、今後も滝沢カレンらしい少し意味不明だがお茶の間をホッコリさせてくれる存在であってほしいと思います。

 

まとめ

・滝沢カレンの母親は、2018年7月にガンで死亡していることが判明!!ガンの種類は非公開だが卵巣ガンの可能性が高いと考えられる!

・滝沢カレンの母親の名前は、宮沢さゆりと言いロシア語通訳として働いていた。

・滝沢カレンの母親はバレエスタジオも経営していた。

・滝沢家独特な家庭のルールがあり、食卓ではオペラが流れるなど不思議な決まりも多くあったことが判明!!

親子関係は良好で様々な番組で親子共演を果たしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です